« ザ・ゴールデンスパイダーFXについて | トップページ | One Minute's FXについて »

<株式・FX両対応>やっぱり大損はしたくない!プロフェッショナルトレーダーの教科書について

<株式・FX両対応>やっぱり大損はしたくない!プロフェッショナルトレーダーの教科書

<株式・FX両対応>やっぱり大損はしたくない!プロフェッショナルトレーダーの教科書

2014年1月より資金60万円からスタート! 毎週の利回りをサポートブログで公表中です! →著者サポートブログ 一直線にアーリーリタイアを目指そう! 自身の安全を確保するのは利益を生み出す思考とスキル! この度は御アクセス頂きましてありがとうございます。
突然ですが、今このページをご覧頂いている皆様にちょっと真面目な質問です。
あなたは今まで60歳でリタイア後に必要な資金がいくら必要か具体的に計算した事はございますか? おおよその計算になりますが、夫婦二人の場合で、約1億2千万円、単身世帯の場合は8千5百万円ほど必要と言われています。
とほうもない金額ですか? ちょっとひるみますよね!(笑) 仮に平均的な退職金と年金で賄った場合、正味の不足分はおよそ3千万円程度と言うのが一般的に必要とされる老後資金と言うことになります。
それでも多い? そもそも年金は出るのか? 退職金なんて出るのか? こういう時は、とりあえず最悪な方を考えることが大切。
楽観は厳禁です。
今問題になっているのは、あると思っていたものが実は無いのではないかという不安なのです。
この不足分はどのように補えば良いのでしょうか? 今までは会社員を無事定年まで無事勤め上げれば、老後の生活設計は公的年金に頼る形でなんとかやっていけるだろうと皆が考えていましたよね。
ところが2013年夏、政府はそれを見事に打ち砕く2つの政策を打ち出しました。
●消費税増税(段階的に10%引き上げ) ●年金給付抑制(=年金の減額) です(どちらもすでに決定事項)。

いま、人気の商品はこちらです!




証券アナリスト 1次試験過去問題集 財務分析 2017年試験対策 (平成26年度(春)~平成28年度(春)本試験)

証券アナリスト 1次試験過去問題集 財務分析 2017年試験対策 (平成26年度(春)~平成28年度(春)本試験)
価格:¥ 3,888








|

« ザ・ゴールデンスパイダーFXについて | トップページ | One Minute's FXについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85615/64718730

この記事へのトラックバック一覧です: <株式・FX両対応>やっぱり大損はしたくない!プロフェッショナルトレーダーの教科書について:

« ザ・ゴールデンスパイダーFXについて | トップページ | One Minute's FXについて »